Category:

障害福祉サービス2022

¥11,000 (税込)

少子高齢化に伴い介護業界を含めた障害福祉業界は非常に大きな市場になっております。これについて我々行政書士としてどういった関わり方があるのか?

社労士との業際も含めて非常に興味深いところについて、実際に介護業界に携わっていた経験を持つ小澤先生に実務についてだけでなく、介護業界の話も交えた本質的なお話をしていただきました。

収録:2022年10月22日
時間:2時間36分

  • 本商品は過去開催されたセミナーの録画を編集したものです。
  • インターネットを使用したストリーミング視聴です。

この商品は有料会員サービスによる30%割引または見放題の対象です。

商品情報

冒頭30分のサンプル動画

講座内容

  1. 自己紹介
  2. 本セミナーのゴールイメージ
    • 障害福祉サービス申請の基本的な流れや注意点がわかる
    • 障害福祉サービスに対する仕事内容の具体例がわかる
  3. 障害福祉サービスとは?
    • 障害福祉サービスを理解するためのQuestion!
    • 障害福祉サービスは、措置制度か契約制度か?
    • 障害者総合支援法・児童福祉法に基づくサービスの枠組み
    • 障害福祉サービスの主なサービス種類
    • 業際問題について
  4. 放課後等デイサービスの指定申請時の流れ
    • 放課後等デイサービス開設の指定申請代行の依頼を受けたら確認すること
    • 放課後デイサービスを開業するためには?
    • 開業手続きをスムーズにおこなう流れ
    • 窓口と提出締切時期の確認(東京都)
    • 法人の設立
    • 人員配置要件
    • 平成29年4月以降の新基準とは?
    • 設備要件
    • 給付費報酬の請求業務の流れ
  5. 申請以外でもまだまだ開拓可能な障害福祉サービス業務
    • おざわ行政書士事務所が実際にコンサルティングしている具体例
    • 申請業務、変更手続き業務以外で可能な業務
  6. マイナーな分野で活躍するために知っておきたい営業方法
  7. 放デイラボグループの目指す先とは

添付資料

こんな方にオススメ

参加者の声

講師紹介

小澤 信朗
行政書士法人放デイラボ

小澤 信朗

1977年3月31日、東京都世田谷区に生まれる

現在、東京都中野区で活動する行政書士。

山形大学人文学部4年の時に、知的障害児のための学童保育でボランティアを始めたことをきっかけに、介護保険サービス&障害福祉サービスに関するサポート業務をおこなうことが自分のライフワークとなる。

山形大学人文学部を卒業後、
満喜株式会社で介護保険対応総合システムのシステムサポート員を経て、2010年9月おざわ行政書士事務所を中野区で開業。

開業後、5年間でリコージャパン株式会社、NDソフトウェア株式会社、株式会社エスエムエス、株式会社細田工務店、株式会社いきいきらいふ、連合福井、武蔵村山市南地域包括支援センター、杉並区地域包括支援センターケア24西荻、府中市地域包括支援センター安立園など上場企業や大手労働組合、地域包括支援センター主催のセミナー講師経験あり。

介護保険サービスや障害福祉サービスの開設&運営の手続きやコンサルティング実績、多数。

特に、障害児の療育施設である放課後等デイサービスは、東京都だけでなく、青森県や埼玉県、茨城県、栃木県、群馬県、千葉県、神奈川県、静岡県、岐阜県、愛知県、三重県、大阪府、兵庫県、沖縄県などからも依頼をうけ、70件ほどの開設・運営のコンサルティングや申請代理業務を手掛けている。

「不明点や確認したい点がないことを確認してからでないと打ち合わせが終わらない」ということをモットーとしているため、1人1人のお客様との打ち合わせが長いのが特徴な新進気鋭の行政書士である。

一般社団法人日本介護協会が主催する「介護甲子園」執行役員。
一般社団法人日本介護協会が発行する「介護応援隊」編集長。

  • おざわ行政事務所
  • Twitter
  • Facebook
  • YouTube
0
    0
    カート
    カートの中身は空ですショップに戻る
      クーポンの適用